3級FP技能検定の学習法

3級FP技能検定の学習法

合格のためのオススメ学習法を解説!

合格への必須知識!3級FP技能検定の概要と出題 傾向

試験は1月、5月、9月の年3回実施されます。原則として、問題はそれぞれの試験の法令基準日に基づいて解答することとされています。

法令基準日に注意!

1月試験・・・実施前年の10月1日
5月試験・・・実施前年の10月1日
9月試験・・・実施年の4月1日

法令基準日に気をつけよう!

3級FP技能検定

学科試験の出題範囲は?

「ライフプランニングと資金計画」「リスク管理」「金融資産運用」「タックスプランニング」「不動産」「相続・事業承継」の6分野から出題されます。

学科試験の出題形式

マークシート方式。○×式と三答択一式の60問

学科試験の合格基準

60点満点で36点以上

実技試験って、どんなものがあるの?

「個人資産相談業務」「保険顧客資産相談業務」「資産設計提案業務」から選択して受検します。

実技試験には「個人資産相談業務」「保険顧客資産相談業務」「資産設計提案業務」の3種類がある。
個人資産相談業務 【出題範囲】
「ライフプランニングと資金計画」「金融資産運用」「タックスプランニング」「不動産」「相続・事業承継」の5分野に関係する出題が多い

【出題形式】
事例形式で三答択一式の問題が15問

【合格基準】
50点満点中30点以上

【試験実施機関】
金融財政事情研究会(きんざい)

保険顧客資産相談業務 【出題範囲】
「ライフプランニングと資金計画」「リスク管理」「タックスプランニング」「相続・事業承継」の4分野に関係する出題が多い 法人契約生命保険の経理処理・仕訳が出題される場合がある
資産設計提案業務

【出題範囲】学科と同じ6分野から出題

【出題形式】事例形式の総合問題を含む20問。三答択一式。キャッシュフロー表、家計のバランスシート、保険証券などに関係する問題が出題される場合がある

【合格基準】100点満点中60点以上

【試験実施機関】日本ファイナンシャル・プランナーズ協会(日本FP協会)

ズバリ解説!オススメ学習法

オススメ学習法 - じっくり学習パターン
オススメ学習法 - 速習パターン
誰でも受検できる3級FP技能士を取ろう - 目次
 
このページの先頭へ