FPとは

FPとは

国家資格「ファイナンシャル・プランニング技能士」とは?

ファイナンシャル・プランナー(FP)とは、ひとりひとりのライフプランや夢・目標の実現のために、総合的な資金計画を立て経済的な側面からサポートする専門家です。 現在、ファイナンシャル・プランナー(FP)として普及している資格には、 国家資格であるFP技能士と日本FP協会の認定資格であるAFP・CFP®があります。

FP技能士はどのように役立つの?

学生の方

学生の方

入社後に「FP技能士」の取得を推奨している会社も多くあります。「FP技能士」を取得していれば、就職活動の場でアピールすることができるでしょう。また、幅広い分野を学習することで自分の興味ある分野が発見できるなど、将来の志望業界を考える際に役立ちます。

社会人の方

金融機関にお勤めの方

社会人で金融機関にお勤めの方

学習範囲の幅広いFPの受験に取り組むことによって、現在の業務について理解を深めることができます。営業職等の方は、お客様への提案の幅が広がり、説得力を強化できるでしょう。

金融機関以外にお勤めの方

社会人で金融機関以外にお勤めの方

FPに必要な年金・社会保険・所得税などの知識は、人事・総務担当の方以外でも、様々な場面で活かす事ができます。幅広い知識を得ることで視野が広がり、新しい可能性をひらくきっかけにもなるでしょう。

FP知識を生活設計に役立てたい方

FP知識を生活設計に役立てたい方

主婦の方やリタイアした方にとっても FPに関する知識は、生活設計を考えるさまざまな場面で役立ちます。

 
FPガイド - 目次
 
このページの先頭へ