FP検定に申し込もう!

FP検定に申し込もう!

FP技能検定を受検するためには、その申込みを行う必要があります。申込みは、どのように行ったら良いのでしょうか?

FP技能検定の申込み先は、2種類ある?

FP技能検定の申込みは、「特定非営利活動法人日本ファイナンシャル・プランナーズ協会(日本FP協会)」を通じて申し込む方法と、「一般社団法人金融財政事情研究会(きんざい)」を通じて申し込む方法の2種類があります。

「日本FP協会」と「きんざい」でなにか違うのかな?
“同じところ”―「日本FP協会」と「きんざい」
取得できる資格は同じ

FP協会・きんざいどちらで合格しても同じ「FP技能士」です。

また、どちらで合格した「FP技能士」であっても、「3級FP技能士」は「2級FP技能士」や「AFP」、「2級FP技能士」は「1級FP技能士」や「CFP」の受検資格(または受検資格の一部)となります。

AFP・CFP®になるためにはFP協会経由の試験を合格しなければならないというように勘違いしがちですので、注意しましょう。

学科の試験問題は同じ

学科の試験問題は共通です。なお、実技の問題は申し込む団体によって違います。

受検手数料・試験日程は同じ

受検手数料と試験日程は同じです。

3級の受検手数料・試験日程は、「FPの種類―3級FP技能士とは」のページをチェック。

2級の受検手数料・試験日程は、「FPの種類―2級FP技能士/AFPとは」のページをチェック。

1級の受検手数料・試験日程は、「FPの種類―1級FP技能士/CFP®とは」のページをチェック。

“違うところ”―「日本FP協会」と「きんざい」
実技の試験問題が違う

先に述べたとおり、実技の問題は申し込む団体によって違います。FP協会で申し込むか、きんざいで申し込むかを考える際の一番の決め手は、実技の問題でどれを選択するかによるといえるでしょう。

両団体ともに実技試験の過去問をホームページで公開しているため、申込み前にそれぞれの過去問を自分の目で確かめ、自分に一番あっていると感じた実技試験を受検することをオススメします。

受検会場が違う

申し込む団体によって、受検会場が違います。(地域によっては同会場になることもあります。)

現状としてきんざい経由のほうが受検人数が多いため、受検会場はきんざいのほうが多い傾向にあります。

なお、両団体ともに申し込み時点で受検者は受検地の地域を指定することになりますが、具体的な受検会場を指定することはできません。受検者が指定した地域に応じて、団体側が各受検者に対して受検会場を指定することになります。

実技試験問題の具体的な内容の違いは、「FP技能検定受検の手続き―3級FP技能検定の学習法」のページをチェック。

「日本FP協会」と「きんざい」のどちらで受検するかは、実技試験の内容で選択しよう。
FP技能検定受検の手続き - 目次
 
このページの先頭へ